ガン の克服は 心 と 食事 の改善と 運動 と

【末期がんからの回復率93%】

 

今日は、自然療法の学びの日。

 

いやーすごい話を聞いてきたので早速シェア!

 

ガン克服・支援活動 NPO法人いずみの会

というガン患者の会で、

西洋医学の医者がどうしても治せなかった進行ガンを

「心の改善(転換)」

「食事の改善」

「運動(歩く)」

の3つを柱にして、

 

さらに多くの患者さんはこれに「尿療法」を併用して治したとのこと。

 

なんと!末期ガンからの回復率93%!!!

 

心の改善(転換)

まず「医者と病院を捨てる」ことで

自分で自分を治すことを決めるのです。

 

病気は自分で治すという自分の人生を最後まで

自分の責任で生きる決意が、

自己治癒力を上げることにつながるのでしょうね。

 

末期ガンを医者や看護婦が「ガンは不治の病だ」

と思いながら治療をしている以上、

ガンが治ることはないという。

 

 

食事の改善

ガンを治そうとするなら、最低3年は

ほぼ完全な玄米菜食にする必要があるそうです。

 

玄米菜食は自己流ではなく

松井病院食養内科のメニューを取り入れるそう。

 

1日の食材全体を1㎏とした場合に、

これを10割と数えて、

主食を3割から5割

おかずをタンパク質200gから300g(大豆+少々の動物性タンパク質)

野菜を300gから500g。

 

生命力のある自然なものを

最小限食べることで、

消化に使うエネルギーを減らす必要があるのです。

 

運動(歩く)

いずみの会の人々は、それまでの人生で我慢して、

しなかった事ややりたい事を積極的に取り組み、

なおかつ、できるだけ毎日30分以上の散歩を実践。

 

歩くことで人の筋肉の70%以上を占める下半身の筋肉が発熱して、体温が上昇。

 

体温34℃から35℃台の低体温状態では、

ガン細胞が活発に増殖。

 

体温36.5℃以上、特に37℃以上でガン細胞の分裂が遅くなるので、

自然治癒力でガンを治すことを目標にするなら

毎日運動して筋肉を鍛えることが大切。

 

 

いずみの会の3大療法は、

①心の大転換が人の「精神」に

②食事の改善が主に「感情」に

③良く歩く事が「肉体(意志)」に

直接的に働きかけ、「人間の本質」の道具になるように

浄化し回復させる組み合わせになっているから

 

末期ガンからの回復93%という驚異的な成果をあげているようです。

 

いずみの会を立ち上げた元ガン患者の中山武さん著

『論より証拠のガン克服術』を私も読んでみようと思ってます!

 

 

私的には、バッチフラワーで精神を

食事も玄米食を取り入れはじめ、

耳ソロジーで体温を上げたので、

 

ガンが増殖しない生活がなかなかできてるんじゃないかな?

とニンマリしましたが、

 

食べ過ぎないというところで

食事にはもう少し気を配りたいと思ったのでした^^

 

ママが家族のセラピスト!
3か月で家族の笑顔と健康を守れるママになる
ナチュロパシー・スクール

ナチュロパシー・セラピスト 亀山祐子

 

《お知らせ》

『たった3時間で心と身体の軽さが変わる!

家族と楽しめる自然療法の世界に触れる

ナチュロパシー・スクール1dayレッスン

 

【日時】

1月25日(木)10時~13時 残席1

1月27日(土)13時~16時 残席1

 

 

【開催場所】サロンfuwari代々木参宮橋店

〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-45-5
パークテラス参宮橋105
小田急参宮橋駅から徒歩4分
京王線初台駅から徒歩6分
JR代々木駅から徒歩14分
地図はこちら⇒https://goo.gl/maps/2ub13yNn77K2

 

 

【受講料】8000円

(お友達と一緒にお申込の場合、お一人7000円)

 

【お支払い方法】銀行振込

(お申込後、お振込先についてご案内を送らせていただきます)

 

レッスンのお申込はまだ検討中だけど、気になる方は優先案内フォームへ今すぐご登録を!

優先案内フォーム←こちらをクリック

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です