実は魔女と呼ばれているんです

【私のやっていることって怪しい?笑】

ブログにお越しいただき

ありがとうございます。

 

ママが家族のセラピスト!

3か月で家族の笑顔と健康を守れるママになる

ナチュロパシー・スクール

 

ナチュロパシー・セラピスト

亀山祐子です!

 

 

只今募集中のナチュロパシー・スクール1dayレッスンです!

レッスンのお申込はこちら

 

 

娘が就活で両親の仕事について質問されると、私の仕事を説明するのが難しいと言っていました^^;

 

セラピストと言っても会社で働いている男の人にはピンとこないですし、

 

となると、耳ソロジー、ましてやバッチフラワーについて説明するにも話がまとまらなくて困るということでした笑

 

確かにね^^;

 

「魔女です!」って言えば分かるかな?と大笑いしたこともありました。

 

私は娘の不調を何とかするために、3年前からセラピストになったわけですが、(詳しくは以前のブログをご覧ください)

私が自然療法にはまった理由

(続)私が自然療法にはまった理由

 

 

家族を癒すだけでは飽き足らず笑

 

人様からのバッチフラワーの相談や人様の身体を癒すことを仕事にしてしまった私。

 

生まれて45年以上経っていたその頃でも、自分がそんな仕事をするなんて思ってもなかったですし、人生何が起こるか分かりませんね^^;

 

話がそれちゃったけど、

 

人様の身体、特に頭蓋骨矯正をするようになってから人の氣の影響を受けるようになったので、自分を守るためにレイキをアチューンメントしてもらいました。

 

レイキというのは、宇宙に存在する生命エネルギーを活用し、心身を活性化し、調和させる方法なのですが、

 

やることはと言えば、例えば身体の痛い部分に手を当てることでレイキを身体に流して、痛みが和らいだり、精神的につらい時にも、手を当てるだけで不安や嫌な気持ちが消えていって元気になるんですね~

レイキを受けたことがない人が読んでもピンとこないと思いますが、だから魔女と言われるわけですね^^;

 

先日は、ビーチボールバレーの練習へ行ったとき、膝をついてこけたために膝を傷めた方がいて、足をひきずりながらプレーしていたので、

 

休憩の時に、膝サポーターの上から手を当ててレイキを流し出すと

「何これ?温かい!!サポーターの上からなのに何でこんなに温かいの?」とびっくりしていました。

 

レイキをしたのは、5分ほどでしたが、「楽になった!」と喜んでもらえて、その後のプレーは足を引きずらずに(いつものように。。。とはいきませんが)できていました。

 

私が触るとレイキが流れるので、耳ソロジーを受けるだけでもレイキの効果を受けることができます。

 

さらに、遠隔でもレイキを送ることができるので、お腹が痛いとか頭が痛いとか、娘たちがラインしてくるので、遠隔でレイキを送ることもあります。

 

そんな話を親しくなった人にすると、「亀山さんは魔女ですね」と言われるのです。

 

私もそう思います笑

 

なので、ナチュロパシー・スクールへ来ていただける方へ耳つぼを伝授する時に私が触ってお伝えするので、自然にレイキを受け取っているということになります。

 

そして、継続レッスンの生徒さまには、体調が悪くなったと聞いたら、レイキを遠隔で送ることもあります^^

 

レイキって不思議なくらいにすっきりするんですよ♪

 

レイキに出会ったのも娘のおかげということになりますね^^

 

 

只今募集中のナチュロパシー・スクール1dayレッスンです!

レッスンのお申込はこちら

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です