症状が出るのは、むしろ喜ばしいこと?!

ブログにお越しいただき

ありがとうございます。

 

 

免疫の3STEP開発者

亀山祐子です。

 

 

さてあなたは症状が出るのは悪いこと

と思っていませんか?

 

 

 

免疫の3STEP®︎を実践する中で

一時的に感情が強くでたり

症状が一見悪化したように

感じることがあると言われる方がいます。

 

 

 

そんな時、私は

「これまで出せなかったものが出せて

良かったですね」と言います^^

 

 

 

辛い症状の人にとっては

???かもしれませんし、

 

 

怒りが込み上げてくるかもしれません。

 

 

 

でも、冷静になって振り返ってみると

 

 

これまで症状として現れてなかっただけで

 

 

本当は人の目を気にしすぎて

自分らしく生きていなかった

のかもしれないし

 

 

人の期待に答えないと

認めてもらえないと思って

無理をしていたのかもしれないし

 

 

 

なんでも中途半端にしかできないから

価値がない人間だと思い込んでいた

のかもしれないし

 

 

 

症状が出て、なんとかしたい

と思ったからこそ

自分を見つめ直すことが

できると思うのです。

 

 

 

子供の頃の育った環境や

社会へ出てからの環境や

自分の思い込みなどによって

 

 

 

持って生まれた性質を

活かせないような生き方を

続けてきたことにも

 

 

 

症状が出なければ気づかないのです。

 

 

 

だから

 

 

症状が出ることは、むしろ喜ばしいこと

 

 

になるわけです。

 

 

 

自分の体に

症状として現れてくれてありがとう。

 

 

 

と言ってあげてください。

 

 

 

よく頑張ってきたね〜と

毎日

自分の体をギュッとハグしてあげてください。

 

 

 

そして、大好きだよ〜と

毎日

自分に言ってあげてください。

 

 

 

 

最初は心から言えなくても大丈夫です。

そのうち慣れてくると

本気で思えるようになりますから^^

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。