親知らずの手術の痛みの軽減のために

免疫の3STEP開発者

亀山祐子のブログへお越しいただき

ありがとうございます。

 

 

私、先日、右下の歯茎の中に埋もれている

親知らずを抜く手術を受けてきました。

 

 

痛みや腫れが予想されるので

自分なりに術後の腫れや痛みを

少しでも減らせるように

耳つぼにシールを貼って予防しました。

 

 

 

何せ自分で勘に任せて貼ったので

ちゃんと耳つぼに貼れているのか不明ですが笑

 

 

 

私なりの考えの元、

ここに貼ったよーというのを

シェアしたいと思います。

 

 

今回の親知らずは、骨の下に埋まっているし

太い神経に沿うように生えているそうで

かなり痛みや腫れ、痺れが残る可能性があると

言われていたのです。

 

 

 

ちょっとでも痛みや腫れはない方がいいので

耳つぼを利用して

どれくらい痛みや腫れはひくのか?

実験しようと思いましてね笑

 

 

 

 

できれば痛み止めとか飲みたくないしね^^;

 

 

 

というわけで

ここから私が

歯の抜歯の痛みや腫れを

抑えるためにシールを貼った耳つぼのご紹介です。

 

 

 

まずは、痛みを軽減するということで

神門

 

自律神経を整えてくれるので

手術中の気持ちも落ち着けることができます。

 

 

 

口の耳つぼは口内炎など

口の中の炎症を抑えてくれる働きがあるので

腫れが少しでも抑えられたらな〜

という気持ちで。

 

 

歯痛の時に良いとされている耳つぼ2つ

いずれも歯の痛みを軽減してくれる耳つぼ。

 

 

 

さらに

中国では抜歯するときの麻酔代わりに

この耳つぼに鍼をさすそうです。

それがこちら。

2つのうち上の方にだけ貼ってみました。

 

 

今回下顎の親知らずになるので

下がいの耳つぼにも貼りました!

 

 

で、結果どうなったかというと。。。

 

 

1時間半ぐらい麻酔やら骨を削るやら

やってもらったのですが、

歯の一部だけが取れただけで

縫合されちゃったんです(泣)

 

 

私の顎の痛み(大きく口を開けるので何回も顎が外れそうになっちゃった笑)や

親知らずの歯の下にある大きな神経への麻酔が特殊なのか?

仕切り直した方が良いと言われちゃって( ;  ; )

 

 

 

んー本当にこの歯医者さんで

大丈夫なのか?という

不信感もあったりするので

今後どうしようか考え中です。

 

 

 

実験の結果は?というと

もう麻酔は切れてると思われるけど

痛み止めを飲まなくても

痛みも腫れも気になりません!!

 

 

やっぱり耳つぼの効果は出ていると思います^^

 

 

抜歯は失敗したけど

耳つぼの実験は成功したので

今日のところは良しとしましょうかね^^ 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です