言葉の力は絶大

免疫の3STEP開発者

亀山祐子のブログへお越しいただき

ありがとうとざいます^^

 

 

まず、初めにお詫びです(m_ _m)

昨日、『免疫の3STEPセラピスト起業』の無料情報は

最後のチャンスと投稿しておきながら

URLのリンクが飛ばないようになっていたことに

今日のお昼頃気がつきました(汗)

 

今は、ちゃんと登録できるようになっていますので、

『免疫の3STEPセラピスト起業』に

興味のある方は、ご登録よろしくお願いします。

”MOTHER”免疫の3STEPセラピスト起業講座m

 

 

さて昨日は、第3期免疫の3STEPセラピスト起業講座”MOTHER”

最後のグループコンサルの日でした。

 

 

みんなで集まるのは本当に最後の日。

 

 

最後の最後にみんなからのシェアで

セラピストが意識して使う言葉

についての深い深い気づきがありました。

 

 

あるセラピストがまだ「免疫の3STEP」を

学び始めた頃に実母が帯状疱疹になり

バッチフラワーを飲んで回復した

という話をずいぶん前に聞いていました。

 

 

実は、まだその帯状疱疹の跡が

夜になると、かゆくなるということを

先日、お母様が言われたそうです。

 

 

数ヶ月前のセラピストがまだ学び始めた頃、

バッチフラワーの作用に自信がなかったため

「飲んだら良くなると思うから飲んでみてー」

というような言い方をしたそうです。

 

 

するとお母さんも

「よくなってるのかどうかわからない」

と言う感じだったそうです^^;

(実際には良くなってたんですけどね笑)

 

 

そして、今回は、あれからたくさんの方の

バッチフラワーによる変化を体験しているセラピストは、

確信を持って、お母さんに

「絶対に良くなるからクリームにバッチフラワーも混ぜて

必ず塗ってよ」と言ったそうです。

 

 

すると、お母さんが

「あんた、あれ、効いたわよ」

って嬉しそうに話してくれたそうです。

 

 

 

何が言いたいかというと

セラピストが自信なげな言葉を発すると

クライアントさんもあやふやな反応をし、

 

セラピストが確信を持って言葉を発すると

クライアントさんもこれはいい!と反応をするのです。

 

 

これは、1例にすぎませんが、

あなたもそんな経験はありませんか?

 

 

言霊という言葉があるように

発する言葉によって、受け取る方も感じ方が変わり

それに伴い現実まで変わってくるのです。

 

 

親が大丈夫!と言い切れば子供が安心できるように

セラピストも大丈夫!とクライアントさんに

言い切れるぐらい確信を持ってお伝えすることで

 

 

クライアントさんに現れる変化も変わってくるのです。

 

 

こんな風に確信を持って伝えられる

『免疫の3STEP』をあなたも

伝えられる人になりませんか?

 

 

クライアントさんの喜ぶ笑顔に

とっても幸せを感じられる最高のお仕事です♪

 

『免疫の3STEPセラピスト起業』

無料ビデオレッスン全7話公開は

6月30日までの期間限定です!

ご登録はこちら↓↓

”MOTHER”免疫の3STEPセラピスト起業講座m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です