発熱にはこれが一番!!

 

免疫の3STEP開発者

亀山祐子のブログへお越しいただき

ありがとうございます。

 

 

さて皆さん、夏風邪引いていませんか?

 

 

私はまず発熱自体を

あまりしたことがないのですが、

夏風邪で38度以上の

熱になる人もいますよね^^;

 

 

 

我が家の例をお話ししながら

誰でもできるお手当法を

ご紹介しますね!!

 

 

 

昨日、長女がお昼頃に

37度5分ぐらいの熱があって

関節が痛いからこれから上がるかも?

と言ってたのです。

 

 

我が家で発熱すると

まずは第一大根湯を飲んでもらいます。

 

 

第一大根湯の作り方は、

最後にご紹介します。

 

 

長女の熱は、午前の時点では

まだ38度には届いていなかったので

通常の半量(マグカップ1杯)を

飲んでもらいました。

 

 

 

これから上がりそうな熱には

耳の施術はしない方が無難なので

レイキを遠隔で送りました。

 

 

 

レイキをご存知ない方も多いかもしれませんが

ググってみてください笑

 

 

 

そして、お水が飲みたいというので

もちろん、バッチフラワーも入れて

飲んでもらいます^^

 

 

 

どんなバッチフラワーを入れたのかは

明日のメルマガでご紹介しますね。

 

 

 

熱があるということは

自己免疫が病原菌と戦っている証拠なので

薬で抑えず

なるべく出し切ったほうが良いのです。

 

 

長女は体力もありますしね^^

 

 

それから夕方ごろには

「熱が上がってきたー38度超えたよー」

というので

 

 

どんぶり1杯の第一大根湯を

飲んでもらい

お布団をかぶって大量の汗を

かいていただきます!!

 

 

もちろん、レイキも送って

バッチフラワー入りのお水も補給して。

 

 

数時間して寝る前には

熱が下がってきたわ〜

と言っていて

 

 

 

今日はリモートワークだったこともあり

ちゃんと仕事をしていました^^

 

 

 

もちろん、晩御飯も完食していました笑

 

 

 

やっぱり高熱には第一大根湯だな〜と

改めて感じましたので

シェアしました♪

 

 

ただ、第一大根湯は体力のある人には

特効薬ですが、体力がない人にはおすすめできません。

 

 

 

では、第一大根湯の作り方です。

材料

大根おろし(大根の下のほう):大さじ山盛り3

おろししょうが:大根おろしの10%

しょうゆ:大さじ1〜1と1/2

三年番茶:2カップ

 

作り方

1どんぶりに大根おろしを入れ、おろししょうがとしょうゆを加える。

21に沸かした三年番茶を回しながら注ぐ。

 

飲み方

かき混ぜないで一度に飲み、

すぐに床に入って、

頭から布団をかぶる

(全量飲むと効果が大きいが、

本人が飲めない時は無理をしないこと)

 

しばらくすると汗が吹き出してくるので、

汗がすっかり出るまで、

そのまま布団をかぶっている。

 

 

40分ほどして汗が出きったら、

濡れた衣服を着替える。

 

 

※1回飲んでも汗が出ない場合、

頑強なタイプなら、40分してから

もう一度飲む。

 

 

三年番茶は常備しておくことをおすすめします。

 

 

我が家のお気に入りはこちら。

 

今日のお手当法が載っている本はこちら。

すごく役に立ちますので

薬をなるべく飲みたくない方は

ぜひ、お手元に置いてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です