夏バテ、熱中症予防に耳つぼ!!

【早くも熱中症の心配な季節に】

 

5月だというのに

連日の暑さで夏バテのように

体がだるかったり

熱っぽくなったり

の方が増えているのでは

ないでしょうか?

 

 

また熱中症で搬送される方も

増えているので

夏バテ、熱中症予防になる

耳つぼをご紹介します!!

 

 

ブログへお越しくださり

ありがとうございます。

 

ママが家族のセラピスト!

家族の笑顔と健康を守れるママになる

ナチュロパシー・スクール

 

ナチュロパシー・セラピスト

亀山祐子です。

 

 

ピークは過ぎたようですが、

まだまだこれからも暑い日が続くようです。

 

 

しっかり耳つぼをもみもみ

夏バテや熱中症にならないように予防しましょうね^^

 

 

まずは、炎症を抑える耳つぼ。

副腎

 

副腎の耳つぼには

副腎と副腎皮質ホルモンの機能を調節する

働きがあり、消炎作用があります。

 

熱を下げる効果もあります。

 

 

また塩類の代謝に関係するホルモンによって

塩類の代謝を調節できるので

熱中症予防にはかかせませんね。

 

 

続いて

 

腎の耳つぼには、体内の水分の調節作用があります。

 

バランスを崩すと尿が少量になり

全身にむくみが現れます。

 

疲れをためないためにも

腎の耳つぼのもみもみは

念入りに!

 

 

 

 

次は

渇点

 

渇点の耳つぼには

渇きをいやす作用がありますので

まさに夏バテ・熱中症の

救世主ですね。

 

 

 

次は

肝の耳つぼは

血液を貯えて

体内の血液量を調節する機能があるので

熱中症を進める脱水症の予防に

つながると考えられます。

 

 

親指を赤印にあて

耳裏に人差し指をあて

はさんでもみもみするといい感じ(^^♪

 

 

最後に

 

肺の耳つぼをもみもみすることで

汗腺の機能をバランスよく保てるので

暑くなってきたこの時期に

ケアしておきたいですよね。

 

 

夏バテ、熱中症予防になる

耳つぼ5つご紹介しました!

 

 

水分補給と一緒に

耳つぼもみもみも忘れずに^^

 

 

最後までお読みくださり

ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です